びゅうで当てよう! 平日限定 GALA30 周年記念スクラッチ抽選会

開業30周年 ご挨拶

 2020年12月20日、GALA湯沢スキー場は開業30周年を迎えます。

 GALA湯沢スキー場は今から30年前、「新幹線の駅と直結した便利なスキー場を作りたい」という、熱い志を持った地元のJR東日本社員の発案により社内ベンチャーの魁として、またJR東日本初のリゾート事業として開業いたしました。折からのスキーブームに乗り、開業からしばらくの間ご来場者数は順調に推移したものの、その後は、1990年代後半には1,800万人であったスノースポーツ人口が2016年には530万人と最盛期の約3割にまで落ち込み、暖冬小雪化傾向の進展といった環境変化、強風の影響などの厳しい状況におかれました。しかしながら、30年という長きに渡りスキー場の営業を続けられたことは、偏にGALA湯沢スキー場をご愛顧くださる多くのお客さまの支えがあったからこそと深く感謝しております。

 現在は新型コロナウイルス感染症の発生などを受け、世の中や世界が急激に変化しています。私達が対処すべき課題も高度化、複雑化しており、真に評価され選択されるリゾートとなり、そうであり続けるためには、益々高い志とチャレンジ精神が必要です。私達は30周年を単なる通過点と考えるのではなく、新たな挑戦、出発の時と位置づけ、多様化するお客さまのニーズに対応できるよう設備改良やより良いサービスを提供し、安全・安心なスキー場づくりを心がけ、困難な課題にも取り組んでまいります。

 GALA湯沢スキー場をご愛顧いただいているお客さまとともに、未来に向けて夢を描き、描いた夢を実現すべく、これからのGALA湯沢スキー場を創り上げていきたいと思います。改めて30年間のご支援に対する御礼を申し上げるとともに、これからのGALA湯沢スキー場も変わらずご愛顧くださいますよう謹んでお願い申し上げます。

株式会社ガーラ湯沢
代表取締役社長
柳 隆夫

Photo Gallery

こちらのフォトギャラリーでは、開業当時からの懐かしい写真や貴重な写真をご紹介いたします。当時を思い出しながらご覧ください。

ゲレンデハウス スコール

北エリアのゲレンデハウスはこのスコールが始まりです。現在はレストラン「オーレ」に!

ブロードウェイ ハーフパイプ

当時人気のハーフパイプ。ここでAirMixなどの人気イベントも開催していました。

カワバンガセンタホール

今と雰囲気は全然違いますね。大きなヤシの木があり南国のイメージです。現在は随分様変わりしました。

カワバンガショップ

現在は和をコンセプトにした茅平堂へと生まれ変わっております。

チアーズショップ

チアーズ内のショップも現在と随分と雰囲気が違います。現在はスポーツショップ「ゲレスポ」へ!

レンタル

懐かしの板やウエアを取り揃えていたレンタル。現在は世界最大級の規模を誇るサロモンステーションとなっています。

懐かしいコラボも!

メイド・イン・ハワイの老舗Tシャツ専門店「クレイジーシャツ」のクリバンキャットとのコラボ!

リフト乗場

OPEN当初のペアリフトフェートン。チケット小屋も当時はありました。今シーズンよりICゲートが導入されます。

スキースクール

海和俊宏さんが代表の海和スクールと現在も佐藤譲を代表とするガーラ湯沢スキースクールの前進エコール・ド・ガーラスクールの2校が開校。

懐かしすぎる!!

1994年当時の懐かしいスキー板。年々マテリアルは進化し続け、性能が格段とUPしています。

雪の量がスゴイ

当時の積雪量の多さにびっくり!4人乗りリフト バルーシュの脇に屋根と同じ高さの雪像も作れるほど雪が多かったのがわかります。

好きな人にはたまらない?

ガーラ湯沢駅にて200系の写真。今では見ることが出来ない貴重なワンショットです。

Events

GALA湯沢スキー場はおかげさまで開業30周年を迎えました。日頃のご愛顧に感謝の気持ちと、これからもずっと笑顔の絶えないスキー場でありたいという想いを込めて、記念イベントやキャンペーンをたくさんご用意して皆さまのご来場をお待ちしています。
ぜひ30周年目のGALA湯沢をお楽しみください。

GALA 30th フォトコン


30th記念イベント
THE SKIER

(只今準備中)